自然葬という方法について

人は死ねばお墓に入ります。


しかし、中には自然葬を望んでいる人も、最近では多くなりました。



自然葬とは、火葬場で焼かれ、骨だけになった後に、好きな海にまいたり、好きな山に自分の骨をまいたりする方法などのことです。

口コミで評判のNAVERまとめが有名になってきました。

たとえば、死んだあとには、自然と一体になりたい…お墓に入るのではなく、自然の中にいたい、という気持ちの方の場合に、このような自然葬を選び、家族が同意のもと、自然葬をおこないます。

千葉の自然葬情報を選びました。

外国では、このような自然と一体になる方法は、よくおこなわれており、また、好きだった土地にずっといたい、という気持ちの強い人などが、このような方法を選びます。

自然葬ではこのように、自然に自分の骨などをまいて、自分を自然と一体化させる目的がありますが、たとえば火葬場などで骨を焼かずに、そのまま海にご遺体を落としてしまう、などの方法はとても危険です。これは、海で漁師さんたちが魚を捕っている際に、遺体が網にひっかかってしまい、とても大きな損失を出してしまうことがあるからです。

このように、海に遺体を投げて自然にかえりたいという場合には、漁港などの迷惑になり、莫大な慰謝料などが発生することがあるため、とても注意が必要です。

網などに遺体がかかってしまった場合には、とれた魚なども傷んでしまったり、とても重大な損失がでてしまうため、大変に注意しなければなりません。

このような形ではなく、骨などを自然にかえすのが本来の方法です。